★★テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)思い出の能勢電車グラフティ

Download PDF

テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)思い出の能勢電車グラフティ、我が地元の懐かしい能勢電鉄の姿をご紹介します。

妙見線を行く320型、まさにこの時代から阪急の旧型電車の動く博物館のような路線でした。

長閑な妙見線風景が古い旧型電車とのマッチングが最高な路線でした。

こちらも元阪急の610型(元阪急昭和28年ナニワ工機製)

妙見口駅へ進入する320型(元阪急昭和10年川崎車両製)

今も昔もたたずまいが変わらない妙見口駅

ここにくると昭和がそのまま真空パックで残されている風景です。

次に平野車庫での古参車両をご紹介します。

但し、こちらは当時の車庫の風景で、今の平野車庫は当時と大きく変わっています。

こちらは非貫通の610型

現役時代の500型(元阪急昭和18年川崎重工製)平野車庫にて

320型や500型はMG(電動発電器)を搭載していなかったため、当時き電区間で車内照明が消えるのがとても懐かしい光景でした。

かつての川西国鉄前〜川西能勢口間で活躍した30型32号(大正15年5月日車製)、60型60号車(昭和29年12月ナニワ工機製)の廃車体、平野車庫にて

60型 61号車(昭和29年12月ナニワ工機製)

こちらは高架化前の川西能勢口能勢電ホーム

懐かしい現役時代の50型、51型(昭和28年8月ナニワ工機製) 川西能勢口駅にて

610型 山下駅にて

開業100周年のレトロなカラー(2種)の1500系記念列車(川西能勢口駅)

川西能勢口駅で開催された開業100周年セレモニー

1500系の通過標識灯(テレビ猪名川所蔵)

こちらは100周年記念に1500系復刻カラー(2種)編成で運行されたジャズトレイン

車内ではジャズライブが行われました。

こちらは1700系里山ラッピング編成で運行された2回目のジャズトレイン

このイベントの時にはタレントの斉藤雪乃さんご本人とお母様とプライベート参加されていたのを偶然ご一緒できたの光栄でした。(川西能勢口駅にて)

1700系のコントロールボックス(テレビ猪名川所蔵)は

今は軽自動車のトップメーカー大阪府池田市に本社のあるダイハツ工業株式会社製です。

ダイハツはその昔、鉄道事業部というのがあり、鉄道車両向けのディーゼル機関や車両機器を製造していた時代があります。

クリスマスワイン電車1700系(妙見口駅にて)

お花見電車3100系(川西能勢口駅にて)

ビール電車1700系(川西能勢口駅にて)

旧塗色が懐かしいレアな車両3100系

100周年復刻カラーの1500系(元阪急電鉄2100系)

100周年記念HMの1700系(元阪急電鉄2000系)

里山便ラッピングの1700系(川西能勢口駅)

おでん電車5100系(妙見口駅)

7200系デビューイベント列車(川西能勢口駅)

日生エクスプレス(8000系)平野駅にて

阪急電鉄と相互直通運転の日生エクスプレス(8000系)

阪急電鉄と相互直通運転の日生エクスプレス(6000系)川西能勢口駅にて

すべての写真 撮影 誉田 勝(こんだまさる)

テレビ猪名川アーカイブスは今後もお客様秘蔵の貴重な懐かしの映像や写真をデジタル化をしてまいります。

テレビ猪名川アーカイブスではこれら貴重な映像や写真の出版物や放送用資料映像としての素材提供も行っています。

アナログの動画、写真のデジタル化、素材提供、使用など各種お問い合わせは

テレビ猪名川のお問い合わせフォームからお願いいたします。

(テレビ猪名川アーカイブス)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

題名

メッセージ本文

#のせでん #能勢電車 #川西市 #鉄道 #テレビ猪名川 #能勢電鉄 #アーカイブ

★★テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)懐かしのSL現役時代の関西本線・草津線

Download PDF

懐かしのSL現役時代の国鉄関西本線・草津線を今回はテレビ猪名川アーカイブスライブラリーからご紹介します。

今から約40年以上前の昭和47年以前には関西本線や草津線はSL(蒸気機関車)がまだ主力で貨物列車や旅客列車を牽引して三重県の亀山駅、奈良県の奈良駅、滋賀県の草津駅、京都駅までなど、京阪神近郊や名古屋圏に近い場所でその姿を見せていた時代でした。

関西本線と草津線の接続駅の柘植駅(つげえき)では今の関西本線や草津線(現在電化済み)の姿では想像できないと思いますが、頻繁に各方面から続々とSLやってきて大変賑わいのある駅でした。

当時のSLの撮影名所といえばD51の三重連で有名な伯備線の布原信号所の峠越えでしたが、

この関西本線の関駅(せきえき)~加太駅(かぶとえき)も有名な撮影地でした。途中に急こう配区間通称「加太越え」(かぶとごえ)では列車の前後(後補機)や先頭に2台(重連)のSLを連結して急こう配に挑むSLの雄姿を見ることができました。今でも鮮明に記憶に残っています。

スイッチバックのあった中在家信号所(なかざいけしんごうじょう)

D51牽引の臨時普通旅客列車 加太駅にて

奈良運転所所属の007号機

関西本線加太駅(かぶとえき)にて

関西本線伊賀上野駅(いがうえのえき)にて

時々デゴイチ伊賀号という臨時の行楽旅客列車が運行されることもありました。

C622号機のようにデフにつばめマーク(スワローエンジェル)が付いたD51944号機

当時の関西本線は天王寺・奈良〜名古屋間に気動車急行『かすが』が運行されていました。

この頃は40系気動車もまだ登場しておらず、関西本線は30系、20系の気動車が蒸気機関と併用する形で運用されていました。

柘植駅から亀山方面へ発車したD51牽引の貨物列車

長編成の蒸気機関牽引の列車が行き交う様は圧巻でした。

蒸気機関車牽引の定期旅客列車は最高でした。この時代はまだ蒸気機関車牽引の定期列車は珍しいことはありませんでした。

こちらの貨物列車はD51の重連です。

関西本線・草津線の接続駅柘植駅(つげえき)にて

関駅の腕木信号は懐かしいですね。

後補機を従えた長編成のD51牽引の貨物列車はとてもカッコ良かったです。

後補機の前に車掌車が連結されていました。

どれも今となっては貴重な光景です、

結構長い後補機が連結された貨物列車

いよいよ加太越えに挑みます。

後補機には時々D51以外にC58が任務に就くこともありました。

加太越え前の関駅(せきえき)にて

懐かしい昔の貴生川駅舎

貴生川駅の信楽線ホームです。

草津線・信楽線・近江鉄道の接続駅貴生川駅(きぶかわえき)にて

客車列車の独特の雰囲気とても懐かしい思い出でした。

急行かすがは時々キハ26系の準急車両が運用に着く時もありました。

関西本線笠置駅(かさぎえき)にて

すべての写真 撮影 誉田 勝(こんだまさる)

テレビ猪名川アーカイブスは今後もお客様秘蔵の貴重な懐かしの映像や写真をデジタル化をしてまいります。

テレビ猪名川アーカイブスではこれら貴重な映像や写真の出版物や放送用資料映像としての素材提供も行っています。

アナログの動画、写真のデジタル化、素材提供、使用など各種お問い合わせは

テレビ猪名川のお問い合わせフォームからお願いいたします。

(テレビ猪名川アーカイブス)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

題名

メッセージ本文

#関西本線 #草津線 #SL #鉄道 #テレビ猪名川

 

★★テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)懐かしの現役時代の国鉄亀山機関区

Download PDF

★★テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)懐かしの現役時代の国鉄亀山機関区

テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)より。

懐かしのSL現役時代の関西本線、紀勢本線の亀山駅にあった亀山機関区の写真をご紹介します。

C50型蒸気機関車の入換え風景

蒸気機関車D51や、ディーゼル機関車DD51、気動車(30系)いろいろな車両が広大な機関区に停泊しています。

蒸気機関車用の巨大な給炭設備や給水設備が設けられていました。

こちらはC57型蒸気機関車です

こちらは現役時代、D51やC57など、関西本線や草津線、紀勢本線で活躍した蒸気機関車がいっぱい所属していたとても大きな機関区、操車場でした。

その中で、貴重な老雄C50型蒸気機関車が小回りが効く身軽な機関車なので当時入換用で大活躍をしていました。C50は有名な機関車の86(ハチロク)とよく似た型をしていて、異母兄弟のような機関車でした。

撮影 誉田 勝(こんだまさる)

テレビ猪名川アーカイブスは今後もお客様秘蔵の貴重な懐かしの映像や写真をデジタル化をしてまいります。

テレビ猪名川アーカイブスではこれら貴重な映像や写真の出版物や放送用資料映像としての素材提供も行っています。

アナログの動画、写真のデジタル化、素材提供、使用など各種お問い合わせは

テレビ猪名川のお問い合わせフォームからお願いいたします。

(テレビ猪名川アーカイブス)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

題名

メッセージ本文

★★テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)懐かしの現役時代の国鉄信楽線(現在信楽高原鉄道)

Download PDF

テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)より。
懐かしの現役時代の国鉄信楽線(現在信楽高原鉄道)を走ったC58蒸気機関車など国鉄信楽線の写真をご紹介します。

信楽線 C58牽引貨物列車 勅旨(ちょくし)~信楽間

信楽駅のC58牽引の貨物列車

貴生川駅発車のC58牽引信楽線貨物列車

撮影 誉田 勝(こんだまさる)

先日3月27日(土)NHKの連続テレビ小説『スカーレット』(主演戸田恵梨香)は最終話をこのを迎えましたが

このドラマはご存知のように滋賀県信楽が舞台のドラマですが、当時おそらくヒロインは大阪や各地へ出向く人生の色々な局面にこの路線、信楽線が関わっていたことでしょう。
最初の9点の写真は草津線の貴生川駅から信楽線、信楽へ向かうたった2両の貨車の貨物列車を牽引しているC58の姿です。
このC58の姿をダブらせてスカーレットの最終話を拝見いたしました。

テレビ猪名川アーカイブスは今後もお客様秘蔵の貴重な懐かしの映像や写真をデジタル化をしてまいります。

テレビ猪名川アーカイブスではこれら貴重な映像や写真の出版物や放送用資料映像としての素材提供も行っています。
アナログの動画、写真のデジタル化、素材提供、使用など各種お問い合わせは
テレビ猪名川のお問い合わせフォームからお願いいたします。

(テレビ猪名川アーカイブスライブラリー)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

題名

メッセージ本文

★★新型コロナ禍のこの時期に寄せて私の思うことについて!

Download PDF
今のコロナ禍の影響で生活や仕事に色々大きな影響が出て苦労されている方々も多いとは思います。心よりお見舞い申し上げます。新型コロナ禍のこの時期に寄せて!私の思うところをお話しをしてみたいと思います。
<こんな苦難の時だからこそ他人のことを思いやる気持ちを大切に>
こんな苦しい時期だからこそ、自分の過去を素直な気持ちで振り返ってみませんか。
良い思い出、苦い思い出と人それぞれ、長い人生ですから色々なことがあったと思います。
今まで自分自身の至らぬ点で、色々な人に心配や、迷惑をかけたり、心を傷つけたり、不愉快な思いをさせたことはありませんか?
まずはこの機会に立ち止まって振り返って・懺悔してみるのも大切なことだと思います。
<あるセミナー講演中の私>
人によっては、自分の問題であっても、謝るということは、「負け!」、「かっこ悪い」、「恥ずかしいこと」だと思う方もおられますが、人は誰しも過ちを犯してしまうことが多々あります。しかし、過ちは何らかの方法で必ず償うことができ、やり直すことができます。
誰でもすぐに出来ることが「謝る」ということだと思います。過ちがかなり前であってもこれには時効はありません。今だからこそ、思いおこし、勇気をもって面と向かってまたはレターで素直な気持ちで「謝る」ことはとても大切なことと思います。
でも、そのことをそのままに有耶無耶にしてしまうと本当に気分よく新たなスタートを切ることができません。おそらくいつも人の責任にして逃げ腰の人生を歩むことになります。
今のこの時期、自分のことでおそらく精一杯のことだと思いますが、このような機会にこそ、ぜひ、他人のことも思いやって、立ち止まって振り返って懺悔してみるのも今の目の前に立ちはだかった苦難・困難を切り開く大きなスタートラインにたてるきっかけになるかもしれません。
但し、受け手の方はこのような方にはぜひ、大きな包容力でぜひ許すこともして欲しいと思います。
「ピンチはチャンス」とも言われますが、やはり、こんな苦難の時ほどきっちりとしたそれなりのけじめ (意思表示)をつけていない人は誰も救ってくれないし、スタートできないなど人生の方向性が決まってしまうと私は思います。
<35年前自動車営業をやっていたころの私>
私も、若かりし頃、自動車営業をやっていて、色々な失敗を重ねた苦労をいっぱいした経験があり、多くのお客様や先輩・上司にいっぱいご迷惑とご心配をかけた経験があります。
この時に私が心掛けたのは、誠意をもって「謝る」、「詫びる」ことをやったということです。
この結果、逆にそのような多くのお客様から強い信頼をいただいた多くの経験があります。
この中には当時のお客様からも今も律儀に毎年欠かさず年賀状をいただいている方もおられます。
やはり本当の自分のファン作りとは何か?今もこの時の経験を元に得た私の信念と信条と思って今も行動している指針のひとつでもあります。
今、苦難・困難をかかえている皆様のご参考となれば幸いです。
2020年3月29日
インターネットテレビジョン テレビ猪名川  代表 誉田 勝(こんだまさる)

★★テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)懐かしの現役時代の加悦鉄道

Download PDF

テレビ猪名川アーカイブス(所蔵)より。
懐かしの現役時代の加悦鉄道(かやてつどう)の写真をご紹介します。


今の加悦SL広場は元鉱山駅に当時加悦駅構内にあったSL広場を移設したものでした。

こちらの写真は加悦鉄道が廃線となる前の当時の加悦構内の加悦SL広場の様子です。今月末でSL広場が閉園となってしまい非公開となりこれらの貴重な車両が見れなくなってしまうのはとても残念です。

撮影 誉田 勝(こんだまさる)

テレビ猪名川アーカイブスは今後もお客様秘蔵の貴重な懐かしの映像や写真をデジタル化をしてまいります。

テレビ猪名川アーカイブスではこれら貴重な映像や写真の出版物や放送用資料映像としての素材提供も行っています。
アナログの動画、写真のデジタル化、素材提供、使用など各種お問い合わせは
テレビ猪名川のお問い合わせフォームからお願いいたします。

(テレビ猪名川アーカイブスライブラリー)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

題名

メッセージ本文

★★テレビ猪名川ネットショップでのモデルこがちひろさんグッズのネット販売の終了に ついて

Download PDF

いつもテレビ猪名川コミュニケーションチャンネルならびにテレビ猪名川ネットショップをご利用いただきありがとうございます。

さて、現在まで、テレビ猪名川の主催イベント「応援鉄倶楽部ツアー等」に多数ご出演いただいておりました、フリーランスのモデル・鉄道アイドルの「こがちひろさん」がご本人のご希望により、このたびテレビ猪名川のセルフプロモーション支援事業のマネージメントサポート (Independent Management Support Service)を終了させていただくことになりました。

つきましては、それに伴い(弊社規定により) テレビ猪名川ネットショップでのこがちひろさんのオリジナルグッズ (鉄道アイドルグッズ・先月から発売開始したフォトクリアファイルなど)のネット販売もあわせて全て終了(既に2月18日付けで終了済)させていただくことになりました。
いままでこがちひろグッズを楽しみにしておられた皆様には突然の終了に大変ご不便をおかけいたしますが何卒ご理解のほどお願いいたします。

なお、テレビ猪名川とこがちひろさんとの共同企画コラボ商品のフォトクリアファイル(Aタイプ、Bタイプ2種) の今後の販売につきましては、サンショップ大阪様(吉田昭宏代表)にて、
既存の鉄道アイドルグッズと同様に販売の継続をいただくことになりましたので、サンショップ大阪様主催の鉄道イベント(店頭販売のみ)等でお買い求めいただきますようお願いいたします。

こがちひろさんには長年弊サイト(テレビ猪名川コミュニケーションチャンネル)の主催イベント等(応援鉄プロジェクト含む)に多数ご出演いただいたことに感謝するとともに、こがさんの新たなスタートと更なるチャレンジとステップアップを心よりお祝いしたいと思いますので、皆様におかれましても、こがさんに引き続きあたたかい応援をいただければ幸いです。

なお、テレビ猪名川のセルフプロモーション支援事業は引き続き法人・団体・個人を問わず、各種業種業態の事業者様(タレントやアーティスト活動含む)向けに新規起業・既存事業や活動のさらなる価値創造や事業の広がり・接点作りの支援を目的に行っておりますのでテレビ猪名川セルフプロモーション支援事業部までお気軽にお問合せ(下記お問い合わせフォームにて)いただければ幸いです。

例) 旧別府鉄道キハ2号を守る会様(保存車両の修復救援活動)もこのサポートサービスにより運営(~2019年12月)いたしておりました。

2020年 2月22日
インターネットテレビジョンテレビ猪名川
代表  誉田 勝(こんだ まさる)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (任意)

題名

メッセージ本文

★★兵庫県立美術館ミュージアムコンサート四季シリーズ<春>誉田真弓  塚本芙美香 デュオコンサート♪5/17(日)

Download PDF

兵庫県立美術館

ミュージアムコンサート四季シリーズ<春>

HYOGO PREFECTURAL MUSEUM OF ART

誉田真弓& 塚本芙美香 デュオコンサート

<出演者プロフィール>

♪誉田真弓 (MAYUMI KONDA)
兵庫県立西宮高等学校音楽科、京都市立芸術大学を経て、同大
学大学院修了。その後渡ウィーン国立音楽大学POSTGRADUALE課程に審査員満場一致で合格し、卒業。
モーツァルテウム音楽大学マスタークラス修了。
2019年帰国。クオリア音楽フエスティバル第1位。
日仏ピアノコンクール優勝。
フォリヒ国際ピアノコンクール(オーストリア)デュプロマ賞、
他多数受賞。ル・ポン国際音楽祭プリコンサートをはじめ、日
本各地、ストラスブール(フランス)、ウィーン(オーストリア)
の国内外にてソロリサイタル、音楽祭出演、オーケストラと共
演する。現在、後進の指導にあたると共に、大阪音楽大学、大
阪音楽大学短期大学部ミュージカルコース演奏員。
♪ 塚本芙美香 (FUMIKA TSUKAMOTO)
兵庫県立西宮高校音楽科、東京藝術大学を経て、同大学大学院修了。ザルツブルクモーツァルテウム音楽大学マスタークラス修了。スペインマドリード国際音楽講習会に参加。助成をうけて、ウィーン国立音楽大学マスタークラス修了、同マスタークラス内コンクールにて第1位。ジュラキシュ国際ピアノコンクール最高位。神戸芸術センター記念ピアノコンクール第1位。文化庁委託事業リサイタル・シリーズにて大阪いずみホールでのソロリサイタルを行う。これまでに、ピアノを谷垣光子、山畑誠、佐野まり子、渡辺健二の各氏に師事。
現在、(株)アマービレ楽器、(社)アマービレフィルハーモニー管弦楽団専属ピアニスト、大阪音楽大学付属音楽院各講師。
<演奏曲>
◆シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番 D664 OP.120 イ長調
◆メトネル: 忘れられた調べ第2集 OP.39-3<春>
◆メンデルスゾーン:アンダンテと華麗なるアレグロ OP.92(連弾)
◆スメタナ:交響詩 《モルダウン(連弾) 他
◆公演日:2020年5月17日 (日) 14:00開演(13:30会場)
◆会場: 兵庫県立美術館アトリエ1
 入場料 大人2000円 学生1500円
<チケット販売お問い合わせ>
兵庫県立美術館ミュージアムショップ TEL078-265-6655
◆主催:兵庫県立美術館アートフュージョン実行委員会
◆後援:兵庫県・兵庫 県教育委員会、神戸新聞社、ラジオ関西、サンテレビジョン
住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
アクセス:阪神岩屋駅から南に徒歩約8分
JR灘駅から南に徒歩約10分
阪急王子公園駅から南西に徒歩約20分
(情報提供元:誉田 真弓様)

★★すみれJazz…そしてChanson…Spring live 東心斎橋 コンテローゼ4/12(日)

Download PDF

すみれJazz…そしてChanson…Spring live

◆公演日:2020年4/12(日) 14:00~ 3000円
大阪・東心斎橋コンテローゼ にて開催されます。

vocal  神餘スミレ
piano  高岡正人
guest vocal 安川哲明

の皆さんの出演です。

◆場所:コンテローゼ
大阪市中央区東心斎橋1-7-25 depビルB1F
tel 06・6245・9390

(情報提供元: 神餘スミレ 様)

★★神戸Bar Request Jazz Live(楠元なおこ(Vo) 沢田穣治(Bass) 飯田一樹 (Piano) 3/1(日)

Download PDF

神戸Bar Request Jazz Live(楠元なおこ(Vo) 沢田穣治(Bass) 飯田一樹 (Piano) 3/1(日)の開催のお知らせです。

日本のジャズの発祥の地神戸でのオシャレなジャズライブ

Jazz Live
Naoko Kusumoto (Vo)
楠元なおこ
Jyoji Sawada(Bass)
沢田穣治
Kazuki Iida (Piano)
飯田一樹

の皆さんの出演です。

沢田穣治(Jyoji Sawada(Bass)氏は
作・編曲家、プロデューサー、ベーシスト。
ショーロクラブでの活動など音楽制作を中心にジャンルにとらわれず、映画音楽・沖縄島唄・現代音楽・音響系作品の制作や、J-POPアーティストのプロデュースおよび作・編曲など、多岐にわたる音楽制作に携わっている。

◆公演日:2020年3月1日(日)
Music Charge:(前売り、予約) ¥2600-(当日) ¥2900-
三ノ宮センター街近く Bar Request  にて
13:30/Open 14:00/Start
BAR Request
神戸市役所・東遊園地近く
〒650-0033神戸市中央区江戸町100高砂ビル1F
tel 078-332-2466

(情報提供元:飯田一樹 様)

地域総合コミュニケーションサイト 運営はインターネットテレビジョン「テレビ猪名川」が運営しています。